カテゴリー別アーカイブ: 未分類

「里、見渡せば里見人」展示会

嶋津 敬 写真展
「里、見渡せば里見人」展示会

satomishi_photo_ex2

satomishi_photo_ex

そごう千葉地階ギャラリーにて「里、見渡せば里見人」展示会を開催中です。
(9/15火、10:00~20:00から、9/21月、16;00まで)
主に里見氏の伝承者と木像を中心に48枚展示しております。

嶋津 敬 写真展
主催/房総里見会」

cs_satomi1

立教学生キャンプストアとの共同企画をスタート

cs_satomi2

cs_satomi3

里見氏大河ドラマ化実行委員会は、このたび立教大学広告研究会が運営するキャンプストアとのコラボレーション企画を実現しました。

立教学生キャンプストアは、立教大学広告研究会が毎年夏の期間に館山で運営している海の家で、60年以上の歴史があります。2013年の60周年を記念に建物をリニューアルしました。

今年の夏は、里見氏との共同企画で、手づくり甲冑試着会、署名活動、里見八犬伝の切り絵の販売等を行います。
ぜひ皆様のご来店をお待ちしております。

■場所:立教学生キャンプストア(館山市北条海岸)
■期間:7月11日~8月28日

犬掛古戦場のご紹介

DSCF3072_30 DSCF3062_30

DSCF3063_30 hakkenden1

hakkenden2

現在豊かな自然と田園風景ただなかにある南房総市富山町犬掛。
今から481年前の天文三年(1534)、ここで里見氏の内乱が起きました。この古戦場跡に立つと、過密な住宅化の波が押し寄せてないおかげでしょうか。心なしか往事の景色を心に描けるような気がします。

この合戦の発端は、家督を巡る一族の内紛という通説が長年浸透していた。
永正一五年(1518)、里見義通の危篤に伴い、幼少の嫡子・義豊が家督を継いだ。しかし義豊が一五歳になるまでは叔父・実堯が陣代(後見人)として家督を預かることになった。一五になっても家督を返さない実堯を不審に思った義豊は、天文二年、家臣等と謀って稲村城で実堯を殺害する。実堯の長男・義堯は「仇討ち」と称して挙兵する。やがて雌雄の決戦の舞台として、犬掛で合戦が勃発するのである。
しかし、近年の研究では上記の通説に疑問点が生じてきた。新たな発見もあり、見直しがされている。また、平成二七年三月二八日に行われた滝川恒昭先生の講義にもあるとおり、更なる発見もある等、この研究は途上といってよい。
里見氏大河ドラマ化実行委員会HPで連載された夢酔藤山作品「冬の光」は、執筆時における見直し解釈に基づき、通説ではない視点で制作された。

さて、犬掛古戦場は、
たてやまフィールドミュージアム(Copyright (C) 2010 館山市立博物館)の図示でわかるとおり、山と山に挟まれた平久里川流域で勃発した。
その空間は、ぜひ現地で感じて欲しい。

通説新説はともあれ、勝者となった里見義堯は中興の祖として戦国大名の基礎を築いたことは申すまでもない。

犬掛合戦の地へ、今年のGW、おでかけしてみませんか?

(文:夢酔藤山)

PR活動のご報告

IMG_1762_30  IMG_1766_20

南房総市丸山町にある石堂寺の坂本住職に大河ドラマ化の支援をお願いしてまいりました。
境内には多宝塔があり、1545年に里見義尭が滅ばした里見義豊らの供養のために建立したものです。

IMG_1853_30

焼酎「里見の剣」を販売した今井酒店さんが、自分の車に「里見氏を大河ドラマに」の看板を乗せて、安房国内でPR活動を実施ております。

 

前期里見氏を描いたWEB限定連載「冬の光」が完結

2008年から房日新聞上で里見氏を描いた歴史小説『春の國』を連載していた夢酔藤山氏。
その夢酔藤山氏による書き下ろし『冬の光』を当WEBサイト限定で2014年4月より1年間連載してまいりましたが、この春、無事に完結いたしました。
前期里見氏の時代を描いた小説はめったになく、今のところ、当WEBサイトでのみ読むことができます。
この機会に改めて本作『冬の光』に注目してみてはいかがでしょうか。

里見氏大河ドラマ化のPR活動

IMG_1732_s

平成27年1月17日(土)、幕張ハウジングパークにて、里見氏大河ドラマ化のPR活動を行ないました。
内容は、演舞・殺陣「里見の剣」、手づくり甲冑試着会などです。

里見氏大河ドラマ化のPR活動

h26.12.6

 

IMG_1675_s

 

12月6日、千葉県南総ホールで日本テレビ主催の「里見八犬伝」が公演されました。
日本テレビ様のご厚意により、里見氏大河ドラマ化のPR活動を実施しました。
(焼酎「里見の剣」の販売、里見氏のパンフレット、しおりの配布等)